「心強かった」鷹・大関を奮い立たせた甲斐の言葉 8回無失点に導いた“リード”

ソフトバンク・大関友久【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・大関友久【写真:藤浦一都】

9回に追いつかれて5勝目は逃すも、8回1安打無失点の好投

■ソフトバンク 3ー1 楽天(18日・PayPayドーム)

 つかみかけた白星は、またも消え去った。18日にPayPayドームで行われた楽天戦。ソフトバンクの先発マウンドに上がった大関友久投手は、楽天打線を相手に8回を1安打無失点に抑える好投を見せた。9回にモイネロが同点に追いつかれ、3試合連続で勝ちを逃したものの、チームが延長10回サヨナラ勝ちを収めたことで大関は「チームの勝ちに繋がる投球ができた」と満足気な表情を見せた。

 この日の大関は、序盤にややバタついて球数を増やしたものの、3回以降は見事に立ち直った。4回には相手の中軸を3者連続三振に斬る場面も。8回まで113球で投げ切り、被安打1の無失点に抑え「いい投球ができたと思いますし、チームが勝つことができたので良かったです」と淡々と振り返った。

 交流戦では若い渡邉陸捕手と3試合続けてバッテリーを組んだ。先輩である大関が渡邉陸を引っ張る形で好投につなげた。この日は4試合ぶりに先輩の甲斐とのバッテリーに。試合前からしっかりとコミュニケーションを取りながら、左打者がずらりと並ぶ楽天打線に向かっていった。

「『今日はやるぞ』という気持ちになった」という甲斐の言葉とは…

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY