柳田復調の要因は? 甲斐のリードに変化? 鷹・藤本監督の試合前の一問一答全文

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】

「相手も『あれ? ちょっと変わってきたな』と感じているはず」

■ソフトバンク ー 楽天(19日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは19日、本拠地PayPayドームで楽天と対戦する。リーグ戦再開から2連勝を飾り、首位を奪還。藤本博史監督は、3連勝を狙う3戦目は牧原大成内野手をスタメンから外すことを明らかにした。

 試合前の藤本監督の一問一答は以下の通り。

――カード勝ち越しを決めた。
「2つ勝ったら3連勝だね」

――先発の和田投手はいい投球を続けている。
「ずっとゲームを作ってくれているから、あとは体力だけやね。球数のところは大体100球くらいで考えているけど、いつも足をつったり、張りが出たりとかね。体力的なところはしょうがないから。投げるたびにしっかりゲーム作って、いい形でバトンをタッチしてくれているんで、今日はできたら1イニングでも長く投げてもらいたいなっていうのはあります」

――間隔も中6日で。
「年齢的に体力的なところは仕方ないところがあるんで、やっぱりずっと中6日でいくわけにはいかない。間を空けて、2回、3回、中6日で行ったら、10日か2週間空ける。そういう調整は1年間考えてピッチングコーチが考えてやってくれています。今日投げたら、1回空けるんか、投げるのか、ちょっと確かめてないけど」

「一応、来週から5試合になっていくんで、先発ピッチャーには少し楽なローテーションになるのんじゃないかな。一応、杉山を入れて7人いるんでね、千賀、東浜、石川、大関も当然これだけのピッチングしてくれたら、大体、平均5試合投げられる。レイと和田と杉山で少し間を空けられる。ピッチャーの状態もあるし、考えながら、状態を上げていきたい」

――昨日の大関投手は左バッターのインコースも突いた。
「甲斐がヤクルトに3連敗した3戦目で、2試合やられていた村上に対して、逃げて逃げて打たれるんじゃなくて、打たれてもいいからインコースを多めに投げてみろって言ったら、インコース攻めにして抑えた。そういうものが甲斐のリード面に入ってきてるんじゃないかな、と」

「当然データというのはどこも持ってるわけですから、甲斐がキャッチャーだったら外が多いよというのが(あるはず)。ここ2試合見たら、インコースをどんどん使ってるから、当然、相手も『あれ? ちょっと変わってきたな』と感じているはず。そう感じてくれたら甲斐のリードがプラス材料になっているんじゃないかなと思う。甲斐の引き出しも増えたってことですよね。負けて反省はあるけど、逆に負けた中でプラス材料もあったということですね」

「トップの位置からボールに当たるまでをスムーズにというか、丁寧にというか」

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY