鷹・上林誠知はなぜ開幕1軍から漏れたのか? 工藤監督と小久保ヘッドの思惑とは…

ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】

グラシアルの左翼起用にメドが立ったことも決断の一因に…

 ソフトバンクの上林誠知外野手が出場選手登録メンバーから外れ、3月26日の開幕戦を2軍で迎えることになった。25日の全体練習から1軍本隊を離れ、2軍に合流した上林。工藤公康監督は「彼はレギュラーとして出てナンボの選手。小さくなってほしくない」と語り、開幕2軍スタートを明言した。【福谷佑介】

 2月のキャンプ、オープン戦にかけて打撃面でレギュラー奪取を猛アピールしてきた上林。オープン戦終盤は勢いにかげりが見えたものの、チームトップタイの2本塁打を放ち、栗原陵矢捕手と熾烈なレギュラー争いを繰り広げていた。走力や守備力にも定評がある上林。仮にスタメンの座を手にできなくとも、ベンチにいれば大きな戦力となるだけに、2軍スタートは驚きといえる決断だった。

 なぜ上林は開幕2軍スタートとなったのか。工藤公康監督は「彼はレギュラーで出てナンボの選手。代打や代走、守備固めとして使う方法も確かにあります。彼にはレギュラーとして奪ってもらいたい、という思いがある。上で調子が悪くなった人がいたら、上林くんが成績を残していれば、すぐに入れ替えよう、となって、スタメンで出る」と説明した。

 ファンからの期待度も高い上林が開幕2軍になったことにはいくつかの理由がある。まずは不透明だったジュリスベル・グラシアル外野手の状態だ。オープン戦終盤に実戦に復帰したグラシアルだが、右肩の状態もあって守備には就いていなかった。グラシアルが左翼を守れないとなると、デスパイネとグラシアルのどちらかがDHに入り、左翼のポジションが空き、そこに栗原、右翼に上林を起用することができた。

 だが、グラシアルは23日からのウエスタン・リーグのオリックス戦で左翼の守備に就き、グラシアルの左翼起用にメドが立ったと首脳陣が判断。これにより、開幕戦の左翼はグラシアルに固まり、栗原と上林のどちらかが右翼として起用されることになった。

レギュラーを争ってきた上林と栗原だが「栗原くんでスタートしてみよう」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY