野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • マー君成功の鍵を握る通訳の存在 “公募”で選ばれるパートナーの役割とは?

マー君成功の鍵を握る通訳の存在 “公募”で選ばれるパートナーの役割とは?

マー君の“パートナー”は誰になるのだろうか。ヤンキース入団が決まった田中将大投手(25)にとって、いかに少ないストレスでルーキーイヤーを過ごせるかは、結果を残すために大きな要素となる。鍵を握るのは、通訳の存在だ。

レッドソックス

田中将大は、公募で通訳を決める方針

 マー君の“パートナー”は誰になるのだろうか。ヤンキース入団が決まった田中将大投手(25)にとって、いかに少ないストレスでルーキーイヤーを過ごせるかは、結果を残すために大きな要素となる。鍵を握るのは、通訳の存在だ。

 一部報道では、ヤンキースは松井秀喜氏の時と同じように、公募で田中の通訳を決める方針だとされている。本人や、サポート役として帯同する元楽天広報の佐藤芳記氏が、書類選考を通った人物と面談を行い、決めるというものだ。

 右腕にとっては、通訳の選定が最初の大仕事となる。どんな人物を選ぶかによって、活躍が左右されると言っても過言ではないからだ。

 メジャーリーグでプレーする日本人選手にとって、通訳の存在は極めて大きい。米国人記者への取材対応や、チームメート、スタッフとのコミュニケーションを助けることはもちろん、私生活をサポートすることにもなるからだ。

 1月23日に仙台で会見を開き、ヤンキースとの入団合意を発表した田中は、米国のファンへ英語でのメッセージを求められ「英語しゃべれないです。すみません」と苦笑いで対応している。英語を話せないルーキーは、日々の食事や買い物でもストレスを感じることになるだろう。それだけに、通訳の助けは必要不可欠だ。

人気記事ランキング