野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

【米国はこう見ている】ダルビッシュ有と田中将大はどっちが上!? ニューヨーク地元紙が特集

ヤンキースの田中将大投手とレンジャーズのダルビッシュ有投手は今季、サイ・ヤング賞候補に挙がる活躍を見せているが、同じア・リーグのマリナーズでコーチを務める往年の名打者が日本の誇るエース2人を比較し、田中に軍配を上げている。地元紙「ニューヨーク・ポスト」が「満場一致! タナカがリーグでダントツ」という見出しで特集している。

往年の名打者は「彼(田中)はこのリーグでダントツ」

 ヤンキースの田中将大投手とレンジャーズのダルビッシュ有投手は今季、サイ・ヤング賞候補に挙がる活躍を見せているが、同じア・リーグのマリナーズでコーチを務める往年の名打者が日本の誇るエース2人を比較し、田中に軍配を上げている。地元紙「ニューヨーク・ポスト」が「満場一致! タナカがリーグでダントツ」という見出しで特集している。

初のW杯で存在感見せる小島 打率5割&6打点、5連覇かかる決勝戦でもキーマンの1人に(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この特集記事で2人を比較しているのは、今季からマリナーズで一塁コーチを務めているアンディ・バンスライク氏だ。現役時代にはカージナルス、パイレーツ、オリオールズ、フィリーズで活躍。オールスターに3度出場し、5度のゴールドグラブ賞、2度のシルバースラッガー賞に輝いた。当時、リーグ最強の外野手と呼ばれたかつての名手は、一塁コーチボックスから2人のエースに注目している。

「彼(田中)はこのリーグでダントツだね。ボールに関してはダルビッシュより上。コントロールもダルビッシュよりいい。ダルビッシュよりもうまく走者を抑える(走らせない)。守備もダルビッシュよりもいい。契約金も上だな」

 同氏は6月11日のマリナーズ戦で田中が完投勝利を飾った翌日、同紙にこう語ったという。この試合で4-2での勝利に貢献し、今季10勝目を挙げた田中だが、9回1死まで無失点だった。四球はわずか1で11三振を奪った圧巻のピッチングだっただけに、バンスライク氏の評価はダルビッシュよりも田中に傾いたのかもしれない。

 ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは「彼はとにかくアメイジングだ。我々の予想を全て上回っている。彼は特別なんだ。日本時代と同じレベルでのピッチングを続けている。感謝しかないよ」と賞賛している。

 田中は今季10勝1敗で、防御率は2・02。いずれもア・リーグトップの成績だ。93回2/3を投げ、103奪三振。記事では「オールスター、最優秀新人、サイ・ヤング賞の議論の的となっている」と報じている。その一方で、ダルビッシュの数字も7勝2敗、防御率2・11で「実に感銘的だ」としている。

人気記事ランキング