野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 米メディアの特集で「史上最高のルーキー」に名を連ねたイチロー 「誰もが彼に恋していた」

米メディアの特集で「史上最高のルーキー」に名を連ねたイチロー 「誰もが彼に恋していた」

田中の活躍を受けて、ESPNでは「史上最高のルーキー」と題した特集記事を掲載。執筆者は分析原稿に定評のあるデビッド・スコーエンフィールド記者で、WARというセイバーメトリクスによる指標を用い、メジャー史上に残るルーキーたちを取り上げている。

20140701_ichi

セイバーメトリクスで振り返るルーキーの成績

 ヤンキースの田中将大投手は先月28日のレッドソックス戦で3敗目を喫したが、ここまでは驚異的な活躍を続けている。11勝、防御率2・10はリーグトップ。すでに、サイ・ヤング賞、MVPの有力候補にも名前が挙がっている。当然、新人王にも最も近い位置に付けていると言えるだろう。

 田中の活躍を受けて、ESPNでは「史上最高のルーキー」と題した特集記事を掲載。執筆者は分析原稿に定評のあるデビッド・スコーエンフィールド記者で、WAR(Wins Above Replacement)というセイバーメトリクスによる指標を用い、メジャー史上に残るルーキーたちを取り上げている。この記事のデータはレッドソックス戦の前のものだが、Baseball-Reference.comによると、田中は15試合でWAR4・1(現在は4・5)を記録。先発投手は年間で30試合程度に登板するため、単純に倍にするとWARは8・2まで伸びることになる。

 WARとは打撃、守備、走塁、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標で、そのポジションの代替可能選手と比較し、どれだけ勝利数を上積みしたかを表す。メジャーでは、選手の価値を表す最も有効な指標とされているものだ。

 田中については、新人として扱うべきかどうかを議論する声も出ている。ただ、同記者は「もちろん、彼の日本(プロ野球)での経験を考慮して、彼をルーキーと呼ぶことを好まない人もいるだろう。しかし、MLBのルールの下では、彼はルーキーだ」と断言。その上で、新人王が制定された1947年以前も含め、歴史に残る活躍をしたルーキーのWARがどれほどだったかを紹介し、田中の凄さを強調している。

人気記事ランキング