野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 黒田博樹はヤンキースで唯一年俸以上の働き!? 現地メディアが算出

黒田博樹はヤンキースで唯一年俸以上の働き!? 現地メディアが算出

2シーズン連続でプレーオフ進出を逃したヤンキースにおいて、年俸の高い主力の費用対効果を試算する特集を地元メディアが展開し、今季限りで契約満了となる黒田博樹投手がヤンキースで唯一給料以上の働きをしたと分析されている。

kuroda_20141003

「銀行貯金か、金をドブに捨てたか?」

 2シーズン連続でプレーオフ進出を逃したヤンキースにおいて、年俸の高い主力の費用対効果を試算する特集を地元メディアが展開し、今季限りで契約満了となる黒田博樹投手がヤンキースで唯一給料以上の働きをしたと分析されている。

 ESPNが「銀行貯金か、金をドブに捨てたか?」という見出しで特集。ここでは選手の年俸とWAR(Wins Above Replacement)というセイバーメトリクスによる指標に基づき、適正年俸を独自に算出している。

 WARとは打撃、守備、走塁、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標で、そのポジションの代替可能選手と比較し、どれだけ勝利数を上積みしたかを表すもの。

 ヤンキースは今季84勝78敗でシーズンを終了。ア・リーグ東地区2位だったが、同地区を制したオリオールズにゲーム差12と圧倒的に離された。総得点は633点でリーグ15チーム中13位。得失点差は-31で、ピッチャー陣を見殺しにする試合展開も多かった。この特集では開幕から所属し、年俸1000万ドル超えの選手が対象となっている模様で、イチロー外野手や、デリン・ベタンセス投手ら若手は登場していない。

 1番手に登場しているのはマーク・テシェイラ一塁手。今季開幕前に手術した右手首の痛みから戦線離脱を繰り返し、指名打者に入る試合も多かった。123試合出場で打率2割1分6厘と不調をかこった34歳の今季年俸は2310万ドル(約25億円)でWARは0・7。記事では同選手に関して適正年俸を390万ドル(約4億2000万円)と厳しい評価を下している。テシェイラは2016年シーズンまで契約を残している。

 2番手は右膝の手術で開幕後、ほどなくして今季絶望となったCC・サバシア投手。寸評では「過去40試合の先発で257イニングを投げ、防御率は4・87。被安打は282本で38本塁打を浴びている」とエースの近況を説明。衰えの目立つ左腕だが、2017年までの長期契約を結んでいる。今季年俸は2300万ドル(約25億円)、WARは0・1。一方、適正年俸は80万ドル(約8600万円)で給料の3%程度の働きだったと算出されている。

人気記事ランキング