野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

本拠地で松田が劇的決勝打! ソフトバンクが怒涛の4連勝で3年ぶり6度目の日本一

SMBC日本シリーズ第5戦が30日、福岡ヤフオクドームで行われ、ソフトバンクが阪神を1-0で下し、3年ぶり6度目の日本一を達成した。

ソフトバンク

完璧な継投で阪神打線を無失点に封じる

 SMBC日本シリーズ第5戦が30日、福岡ヤフオクドームで行われ、ソフトバンクが阪神を1-0で下し、3年ぶり6度目の日本一を達成した。ソフトバンクは初戦を落としたものの、第2戦から怒涛の4連勝。この日は好投した相手先発のメッセンジャーを8回にようやく攻略し、本拠地のファンとともに歓喜を味わった。

 ソフトバンクは摂津、阪神はメッセンジャーが先発のマウンドに上がった。

 1勝3敗と後がない阪神は、思い切って打線を入れ替えた。不振の西岡を6番に下げ、1番にマートンを起用。5番には福留が入った。一方のソフトバンクは、昨日手首を痛めて途中でベンチに下がった李大浩が4番DHで出場、ファーストには吉村が入った。

 阪神は2回表、1死から西岡が左中間を破るツーベースヒットで出塁する。しかし摂津が踏ん張り、関本を空振り三振、藤井をショートゴロに打ち取りピンチを切り抜けた。

 3回表にも阪神は、1死からマートンがセカンドへの内野安打で出塁する。マートンは上本の打席で単独スチールを狙うも、2塁でタッチアウト。その後上本も四球で出塁し、鳥谷への初球にスタートを切るが、こちらも細川に刺されチャンスを広げられない。

 その裏ソフトバンクは、先頭の吉村がショートへ高いバウンドのゴロを放つ。鳥谷も素晴らしい足の運びを見せるが、吉村はファーストへ執念のヘッドスライディングでセーフに。続く今宮が送り1死2塁。柳田もセカンドへの内野安打で続き、2死2、3塁とチャンスを広げる。ここで明石が、メッセンジャーの投じた低めのストレートをセンターへはじき返すが、阪神センターの大和が前方へ見事なダイビングキャッチ。大和のスーパープレーで、ソフトバンクは先制点を挙げることができなかった。

 4回裏、ソフトバンクは1死後に4番李、5番松田の連打で1死1、2塁のチャンスを作るが、中村がセカンドゴロ、吉村がセンターフライに倒れ、この回も得点を奪うことができない。

 6回裏、ソフトバンクは内川と李大浩の連打などで2死2、3塁のチャンスを作る。ここで打席に入ったのは、前夜のヒーロー中村。中村はメッセンジャーの真っ直ぐをはじき返し、打球はセンター後方への大飛球。これをセンター大和が背走しながらランニングキャッチ。大和はまたも美技でソフトバンクの得点を防いだ。

 ソフトバンクは7回から摂津に代わり、森がマウンドへ。1死後、福留にライト前ヒットを許すも西岡を三振、関本をサードゴロに仕留める。8回は五十嵐が登板。3人で抑えて味方打線の援護を待つ。

 阪神は8回もメッセンジャーがマウンドへ。ここで先頭の柳田がライト前ヒットで出塁。続く明石は追い込まれるもスリーバントを成功させ、内川のライト前ヒットで1、3塁に。李は1-2からメッセンジャーが投じたフォークボールに空振り三振。しかし、続く松田がフルカウントからセンター前にタイムリーヒットを放ち、貴重な先制点を奪った。ここでメッセンジャーは降板。代わった呉昇桓(オ・スンファン)が後続を断った。

 ソフトバンクは9回にストッパーのサファテがマウンドへ。先頭の上本に四球を与え、鳥谷を三振に打ち取ったものの、4番ゴメス、5番福留を歩かせてしまい1死満塁のピンチを招く。迎えるバッターは、今日2安打の西岡。

 3ボール1ストライクからの5球目、西岡の打球はファーストへの強いゴロ。バックホームで1アウト、そして細川がファーストへ悪送球したかに見えたが、西岡が1塁への走塁でラインの内側を走り、守備妨害となりダブルプレー。阪神の和田監督は猛抗議をしたものの、判定は覆らず。ソフトバンクが3年ぶりの日本一に輝いた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング