野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 川崎宗則が愛された理由 カナダっ子が恋に落ちた魅力とは

川崎宗則が愛された理由 カナダっ子が恋に落ちた魅力とは

今季終了後に大リーグのブルージェイズからフリーエージェントとなった川崎宗則内野手。2年間過ごしたカナダのトロントでは「MUNI」の愛称で親しまれ、「ユーモアのセンスがある日本選手」というキャラクターで一躍人気者となった。

20141213_kawasaki

ブルージェイズで絶大な人気を誇った「MUNI」

 今季終了後に大リーグのブルージェイズからフリーエージェントとなった川崎宗則内野手。2年間過ごしたカナダのトロントでは「MUNI」の愛称で親しまれ、「ユーモアのセンスがある日本選手」というキャラクターで一躍人気者となった。

 時に踊りを披露し、メモ帳片手に面白い英語でまくし立てるインタビュー映像は大リーグ公式サイトの動画コーナーでもおなじみとなり、トロントの街で声をかけられることも珍しくなくなった。

 2013年開幕前にマイナー契約を結んだ川崎に、カナダっ子が恋に落ちるまでそう時間はかからなかった。

 当初の注目度は低かったが、4月にレギュラー遊撃手のレイエスの故障離脱でメジャー昇格のチャンスをつかむと、ひたむきなプレーと明るい性格で人気に火がついた。すぐに本拠地球場のオフィシャル・ショップにレプリカ・ユニホームが並んだ。

 マイナー契約の選手としては異例のことだったが、多数のブルージェイズ・ファンから「川崎のグッズが欲しい」というリクエストが殺到。これを受けて急きょ営業部が動いたという。

 試合前の選手紹介では一際大きな声援を浴び、Tシャツや応援ボードを作成してくるファンも続出。レイエスが復帰し、川崎のマイナー降格が決まった際にはフェイスブックやツイッターなどでファンの感謝のコメントなどが多数寄せられた。地元メディアも降格を惜しむ特集記事を組んだ。スター選手の復帰よりも控え野手のマイナー降格が大きく報じられること自体が異例のことだった。

 ブルージェイズ2年目の今季は82試合に出場し、メジャー3年間で最高の2割5分8厘をマーク。筋力トレーニングの成果が出て打撃は力強さが増した。守備でも二遊間だけでなく、三塁もそつなくこなし、外野も守るなど万能ぶりをアピール。自身が目指した「最強の補欠」を実践する働きを見せた。

人気記事ランキング