新人離れした活躍で注目の的 阪神のドラフト3位・江越は「まるで長野」
2015.02.14
阪神の21歳が、新人離れした活躍でキャンプの注目の的になっている。ドラフト3位・江越大賀外野手(駒澤大学)が13日、韓国プロ野球のサムスンとの練習試合に「1番・センター」でスタメン出場し、5打数4安打をマークした。
阪神甲子園

本人も「走・攻・守、三拍子そろった長野選手のようになりたい」

 阪神の21歳が、新人離れした活躍でキャンプの注目の的になっている。ドラフト3位・江越大賀外野手(駒澤大学)が13日、韓国プロ野球のサムスンとの練習試合に「1番・センター」でスタメン出場し、5打数4安打をマークした。

 昨年、明治神宮大会を制した駒澤大学の右のスラッガー。右中間へ強い打球を放つことができるリストの強さが売りで、プロのスカウトからも「巨人の長野のようなバッターになれる」と評価されていた。

 長崎・島原で過ごした少年時代は巨人ファンで、松井秀喜氏のホームランに魅了された。そして、高校、大学で野球に本格的に取り組んでいるうちに「走・攻・守、三拍子そろった巨人の長野久義選手のようになりたい」と憧れを抱くようになった。

 練習試合でも持ち前の打力を発揮。相手は韓国チームでデータがなかったため、バッテリーの攻め方に工夫はなかったものの、江越のセンスの良さとスケールの大きさは目立った。視察した他球団のスコアラーも「長野のような選手になるかもしれない」と警戒している。トリプルスリーも夢ではない。期待の外野手に注目だ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count




ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月