野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

黒田の「MLB苦しかった」発言が米国で話題に 「母国では楽しんでほしい」

ドジャース、ヤンキースで活躍した黒田博樹投手の広島復帰会見での一言が、米国で話題となっている。

20150212_kuroda

米メディアが着目した黒田の広島復帰会見での一言

 ドジャース、ヤンキースで活躍した黒田博樹投手の広島復帰会見での一言が、米国で話題となっている。米テレビ局「NBCスポーツ」電子版が「ヒロキ・クロダはメジャーでの7年間は楽しいというよりも苦しかったと話している」と報じた。

 2008年シーズンからドジャースに移籍した黒田は、7年間のメジャー生活で通算79勝79敗、防御率3.45という結果を残した。特集では広島市内のホテルで行われた16日の復帰会見で、右腕が報道陣からメジャー人生の総括を求められた時の一幕を紹介している。

「一言で言うと苦しかったですね。言葉も分からない中で、1シーズン162試合をずっと戦い抜く中で、体力的にも含めて、7年間は楽しいというよりも、苦しい思いの方が多かったんじゃないかと思います」

 記事ではこの部分のコメントを切り取り、英語に訳して紹介している。

 ベテラン右腕は1試合1試合、1球1球のために、想像を絶する努力を重ね、契約を全うするために、責任感を持ってマウンドに上がってきた。その結果として登板に関しては「苦しさしかない」と話したこともあるだけに、復帰会見の際も、ごく自然な答えだったに違いない。

 ただ、特集では「ヒロキ・クロダはドジャースとヤンキースで7年間投げて、多くのシーズンで最高のピッチングを見せてくれた。だが、彼は日本復帰に際し、これらの年月が特段素晴らしいものだったと回想していない」と言及。安定感溢れる好投を続けてきた右腕が、メジャーでのマウンドに苦しさを覚えていたことに驚きを示している。

人気記事ランキング