広島優勝の可能性は「まだ十二分にある」 キーマン新井はなぜ復活したか
2015.06.22
8年ぶりに広島に復帰した新井貴浩内野手が、復活といえる活躍を見せている。
20150622_arai

photo Yuji Arakawa

ともに8年ぶりの復帰となった黒田博樹とともに広島を牽引する新井貴浩

 8年ぶりに広島に復帰した新井貴浩内野手が、復活といえる活躍を見せている。4番に座り、規定打席未満ながら22日現在で打率3割2分1厘、リーグ6位タイの32打点をマーク。左手甲の痛みで12日のソフトバンク戦から欠場していたが、20日のDeNA戦では「4番・ファースト」で復帰し、1安打2四死球で勝利に貢献した。チームは5位ながら、交流戦でのセ・リーグ球団の惨敗もあり、首位巨人とは3ゲーム差。新井、そして黒田博樹と今年から復帰した2人のベテランが中心となり、優勝も十分に狙える位置につけている。

 2008年にFA移籍した阪神では苦しみ、メディアやファンから厳しい批判を浴びることもあった。昨年はゴメスとのレギュラー争いに敗れ、出場は94試合。大幅減俸の通告を受けて自由契約を申し入れ、プロのキャリアをスタートさせた広島に拾われた。

 年俸2000万円(推定)での再出発。同じく8年ぶりに復帰した黒田とは全く違う形で広島に戻った。だが、12日のソフトバンク戦で6勝目を挙げた黒田が投手陣の大黒柱なら、新井は打線の軸としてチームに欠かせない存在となっている。

 なぜ、新井は本来の姿を取り戻しつつあるのか。ヤクルト、日本ハム、DeNAでキャッチャーとして活躍し、2003~08年にプレーした阪神では新井と1年間(08年)チームメートだった野球解説者の野口寿浩氏は「全部が全部、いい方向に向いてるんじゃないですか」と言う。

 外国人選手の負傷もあり、4番を任されることが多くなった新井は、ここぞという場面での勝負強さが光っている。

「基本的に真面目ですからね。真面目なやつですから。元々、代打の1試合1打席で、ひと振りで(仕事をする)っていうタイプではないので。4打席立って、いいところで1本というタイプなので。4打席与えてあげられる今の環境というのは、新井にとっていいですよね。それに、拾ってもらった、戻してもらえたカープだから、恩義を感じてるでしょうからね」



1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月