野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • プレミア12で侍打線を牽引する中田と筒香 強い信頼関係が生む「相乗効果」

プレミア12で侍打線を牽引する中田と筒香 強い信頼関係が生む「相乗効果」

1次ラウンド4連勝で首位突破を決めた侍ジャパン日本代表。原動力となっているのは、大会打率4割2分9厘の5番・筒香嘉智外野手、5割3分3厘の6番・中田翔内野手だ。

20151115_nakata_tsutsugo

米国戦も大活躍で首位突破に貢献、中田は打率5割3分3厘、筒香は4割2分9厘の大暴れ

 14日の米国戦に10-2で快勝し、世界野球「プレミア12」の1次ラウンド4連勝で首位突破を決めた侍ジャパン日本代表。原動力となっているのは、大会打率4割2分9厘の5番・筒香嘉智外野手、5割3分3厘の6番・中田翔内野手だ。筒香は米国戦で3打席連続タイムリー。中田も決勝3ランを放ち、すべてV打を放っている最近3試合で計11打点と圧巻の活躍を見せてきた。

 この2人、強固な信頼関係で結ばれている。普段はそれぞれ日本ハム、DeNAの主砲として活躍しているが、侍ジャパンではグラウンド内で行動を共にすることが多く、練習中に談笑する場面も目立つ。13日には希望選手のみで練習が行われたが、ともに好調ながら揃って参加。フリー打撃を行っただけでなく、外野部分で2人並んで走りこむなど汗を流した。

 試合後のコメントからも、2人の良好な関係をうかがい知ることができる。

 12日のドミニカ共和国戦。日本の2点リードで迎えた7回、レフトフライを追った筒香が目測を誤り、エンタイトルツーベースにしてしまった。その後、小川が同点2ランを被弾。もし、そのまま逆転されて負けるようなことがあれば、筒香が“戦犯”となっていただろう。

人気記事ランキング