今季の傾向からホークス柳田の“弱点”を探る 得意、不得意はあるのか?
2015.12.23
柳田のヒートマップを見て一目瞭然なのが、ストレートへの圧倒的な強さだ。
20150531_yanagita

元捕手の野口氏が柳田の打撃の傾向と対策を分析

 今年のプロ野球界を盛り上げた2人と言えば、ヤクルトの山田哲人内野手とソフトバンクの柳田悠岐外野手だ。65年ぶりとなるトリプルスリー同時達成を果たし、ともにチームを優勝に導く活躍でリーグMVPに輝いた。

 各球団は今季、対策を必死に練ったはずだが、山田も柳田も結果的にそれを圧倒する成績を残した。いったいどうすれば、2人を抑えることができるのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏に、今季の2人の結果球の球種別成績、そしてヒートマップ(コース別打撃成績)から、あえて“弱点”を探ってもらった。今回は柳田編。

 柳田のヒートマップを見て一目瞭然なのが、ストレートへの圧倒的な強さだ。野口氏も「これはすごいですね。真っ直ぐは全部打ってます。インハイも2割8分6厘打っている」と驚く。ストライクゾーンを9分割すると、内角高めを除く8つのゾーンが4割超で、唯一の“穴”に見える内角高めも3割近くと決して打率は低くない。

 スライダーも打率4割と得意にしているが、野口氏は「アテにしないほうがいい」と分析する。

「真ん中付近をやっつけているだけですからね。真ん中のスライダーは投げミス。投げミスを捕まえてこの結果です。スライダーを投げるピッチャーが多いからこうなっているので」



1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月