野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 栗山監督も高評価、日ハム6年目斎藤佑に活躍の予感「肩を壊す前の状態」へ

栗山監督も高評価、日ハム6年目斎藤佑に活躍の予感「肩を壊す前の状態」へ

日本ハムの斎藤佑樹投手が、今季中の復活を予感させる投球を見せている。

20160204_saito

斎藤佑が2度目のブルペンで32球、栗山監督も「すごくいい」

 日本ハムの斎藤佑樹投手が、今季中の復活を予感させる投球を見せている。

 3日(日本時間4日)の米アリゾナキャンプで2度目のブルペン入り。スライダー、フォークをテンポ良く制球し、32球を投げた。

 栗山監督が「佑樹は去年の秋からボールの感じがいい。すごくいいというか、悪い時のゾーンが上がってきた印象がある。ここから状態が上がると思うので、すごく楽しみです」と目を細める投球。斎藤は復調の手応え、今季にかける思いを語った。

――ブルペンで意識したことは。

「今の投球フォームを固めること。次のクールで実戦が入ってくるので、それに向けてやるだけです。ブルペンは悪くないので、これを実戦に出せるか」

――キャンプで取り組んでいることは。

「細かいことを言ったら、いっぱいあるんですけど、まずは思った所にボールを投げること。アウトコース低めをしっかり投げることをしています。(アリゾナは)環境はすごくいい場所。あとは自分がやるだけです」

――栗山監督が「秋季キャンプでやってきたことが継続出来ている」と言っていた。

「シーズン終盤から取り組んできたことが意識できている。自主トレでも意識してやってきたので、それが継続出来ているのかなと思います」

人気記事ランキング