正念場の8年目 巨人・大田泰示が取り組んでいることとは
2016.02.26
見逃せばボール球だったかもしれない。巨人・大田泰示外野手は高めの球を振り抜いた。大きな放物線を左中間へ描いた。
巨人

ブレークし切れずに8年目迎える期待の大砲

 見逃せばボール球だったかもしれない。巨人・大田泰示外野手は高めの球を振り抜いた。大きな放物線を左中間へ描いた。

独立Lから侍ジャパン女子代表候補に 「ナックル姫」吉田えりが男子とプレーする理由(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ファーストストライクから振り、「積極的にいくことを意識しましたね。とにかく自分のパフォーマンスをしっかり発揮できるようにやりたい」。24日に那覇で行われた中日との練習試合。7回の打席でホームランが飛び出した。

 毎年、期待をかけられながら、オープン戦を迎える。今年はいけると思わせるのだが、ブレークにはつながっていない。何かを変えないといけない、と秋季キャンプから内田順三コーチの指導の下、フォームを変更した。

 自然体でリラックスすることを心がけて、肩に力が入らないところで構える。当たれば飛ぶパワーの持ち主。インパクトの瞬間だけ力を入れ、スイングをしている。構えだけでなく、足の上げ下げも力感をなくし、ボールを捉える瞬間だけを意識するように心がける。



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月