野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島、リプレー検証で判定覆り貴重な勝ち越し点 日ハムは西川が好返球も…

広島、リプレー検証で判定覆り貴重な勝ち越し点 日ハムは西川が好返球も…

広島が23日、日本シリーズ第2戦でリプレー検証で貴重な勝ち越し点をもぎ取った。

広島カープ

1度はアウト判定も…、続く丸のバントを増井が悪送球で2点差に

 広島が23日、日本シリーズ第2戦でリプレー検証で貴重な勝ち越し点をもぎ取った。

 同点の6回、先頭の田中がレフト線への二塁打で出塁。続く菊池は2ボール1ストライクで、バントの構えから内角高めのボールをヒッティング。強引にレフト前に運び、二塁走者の田中が三塁を回った。

 しかし、レフトの西川が本塁に好返球。大野が田中にタッチしたとして、アウトと判定された。だが、ここで緒方監督がベンチから出てきて、ビデオ判定を要求。実際には田中はタッチをかいくぐって、先に左手でベースに触れており、リプレー検証の結果、判定はセーフに覆った。審判からの説明に、マツダスタジアムは沸き返った。

 さらに、続く丸のバントを増井が一塁へ悪送球。二塁走者の菊池が生還して、3-1とリードを広げた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング