野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 連敗の広島は前向きに戦えるか ジャクソンの今後の起用は「難しい決断」に

連敗の広島は前向きに戦えるか ジャクソンの今後の起用は「難しい決断」に

26日の日本シリーズ第4戦(札幌ドーム)は日本ハムが3-1で広島を破り、2勝2敗のタイとした。大谷翔平のサヨナラ打で決着をつけた前日に続く劇的勝利で、完全に広島に傾いたかに見えた流れを日本ハムが引き寄せた。

20160805_jackson

広島は敵地連敗も2勝2敗、「帰れることは決まっている」

 26日の日本シリーズ第4戦(札幌ドーム)は日本ハムが3-1で広島を破り、2勝2敗のタイとした。敵地で連敗スタートとなったが、本拠地に戻って連勝。6回に中田翔内野手の一発で同点に追いつくと、8回にはブレンドン・レアード内野手の決勝2ランが飛び出した。大谷翔平のサヨナラ打で決着をつけた前日に続く劇的勝利で、完全に広島に傾いたかに見えた流れを日本ハムが引き寄せた。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は「日本ハムの高梨、広島の岡田と(両軍先発の)若い2人が頑張って投げていて、いいゲームだった」と称賛。さらに、高梨の後を継いで1点ビハインドの6回から登板し、2回2安打無失点3奪三振で流れを作ったバースの好投を「しっかり抑えて流れを持ってきた。バースの投球はやはり大きかった。見事な投球。ナイスピッチングだった」と、この試合の鍵に挙げた。

 そして、最後はレアードの豪快な2ランで決着がついた。前日に中田に逆転打を浴びていた広島のセットアッパー・ジャクソンが、1死からその中田を歩かせて、2死となってから左中間へライナーで叩き込まれた。勝敗が決した一連のプレーについて、中田への四球が大きなポイントになったと野口氏は指摘する。

「ジャクソンは中田に四球を与えて、その後にレアードにホームランを打たれた。前日に打たれていたので、(中田を)警戒する気持ちは分かるのですが、第3戦と同じで、やっぱり終盤に四球が絡んで点につながってしまった。あの回は、外角の同じコースに投げたのに、(球審に)ストライクと言われたりボールと言われたり、気の毒なところはありました。ただ、結果的には長打を打たれてはいけないところでレアードに打たれてしまった。

 あと何十センチか下なら、フェンス直撃の二塁打でした。そうなれば、一塁ランナーの中田は本塁までは還ってこられなかったでしょうから、失点を防げていた。ただ、その何十センチで入ってしまったというのは、ジャクソンのコントロールが悪かったということですよね。高く、甘く入ってしまった。あれだけ振り切られていたので、そういうところに投げてしまったミスと言えるでしょう」

人気記事ランキング