野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム西川が劇的満塁弾 92年の杉浦は史上初の代打サヨナラ満塁本塁打

日ハム西川が劇的満塁弾 92年の杉浦は史上初の代打サヨナラ満塁本塁打

日本ハムは27日、広島との日本シリーズ第5戦でサヨナラ勝利。日本ハム・西川遥輝内野手が9回2死満塁で、クローザー中崎の高めのストレートを捉え、ライト席へ決勝の満塁本塁打を放った。

20161027_nishikawa

24年前はヤクルト野村監督の采配が的中、打率.182の杉浦が代打で劇的弾

 日本ハムは27日、広島との日本シリーズ第5戦でサヨナラ勝利。日本ハム・西川遥輝内野手が9回2死満塁で、クローザー中崎の高めのストレートを捉え、ライト席へ決勝の満塁本塁打を放った。

 日本シリーズで満塁本塁打は、1992年のヤクルト-西武戦の第1戦以来の出来事だった。3-3の延長12回裏、1死満塁の場面で杉浦亨が代打で登場。西武のクローザーだった鹿取義隆の内角高めのボールをライトスタンドへ運んだ。日本シリーズ史上初の代打サヨナラ満塁本塁打。このシーンを思い出した野球ファンも多かっただろう。

 このシリーズでは4勝3敗で西武が3年連続の日本一になったが、7試合中4試合が延長戦と今年のシリーズ同様白熱した戦いを繰り広げた。杉浦はこの年、打率.182と低迷していたが、野村克也監督の采配は見事に的中。杉浦は現役引退を表明も撤回し、翌年のシーズンもプレーした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング