野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 先を見据えた陣容に 巨人スタッフ人事、配置転換に見る強化ポイントは

先を見据えた陣容に 巨人スタッフ人事、配置転換に見る強化ポイントは

巨人が26日に来シーズンのコーチ人事を発表した。今年はリーグ2位に終わったが、目の前の結果に走るより、組織力を重視し、先を見据えた陣容となった印象だ。

巨人

26日に来季のコーチ人事発表、打撃部門に見える配置転換の強化ポイント

 巨人が26日に来シーズンのコーチ人事を発表した。今年はリーグ2位に終わったが、目の前の結果に走るより、組織力を重視し、先を見据えた陣容となった印象だ。

 2年目となる高橋由伸監督を村田真一ヘッドコーチが来季も支えることになった。村田ヘッドはシーズンを通じて監督とコミニュケーションを細かく取っており、指揮官からの信頼は厚い。村田善則バッテリーコーチや井端弘和内野守備走塁コーチも2年目の指導となる。江藤智打撃コーチ、大西崇之外野守備走塁コーチら原前政権から指導するコーチ陣も留任。育成に定評のある豊田清コーチが2軍のチーフ格となり、新任の三沢興一2軍投手コーチ(前戦略室スタッフ)と投手の底上げを目指していく。

 新顔は少ないが、打撃部門の配置転換に強化のポイントが見える。2軍打撃コーチから1軍打撃コーチに二岡智宏氏が昇格した。二岡コーチは今年から2軍打撃コーチに就任。現役時代は1軍経験が長く、岡本らに指導してイースタンで強さを誇った打撃の手助けをした。阿部や坂本ら現在の主力選手、そして高橋監督とも現役時代に一緒にユニホームを着て戦った間柄のため、パイプ役としての役割も期待ができる。

人気記事ランキング