野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • 松井秀喜氏のMVP獲得、NY紙のWS史ベストパフォーマンス「7選」に

松井秀喜氏のMVP獲得、NY紙のWS史ベストパフォーマンス「7選」に

ニューヨークの地元紙「デイリー・ニューズ」は「ワールドシリーズのベストパフォーマンスを振り返る」と題した特集記事を掲載。7つの「パフォーマンス」の中に、2009年のワールドシリーズMVPに輝いた松井秀喜氏(ヤンキース)の活躍も選出されている。

20161028_matsui

NY紙が選ぶ歴代WSベストパフォーマンス、2009年の松井秀喜氏も選出

 カブスとインディアンスが世界一を目指す第112回ワールドシリーズは2試合を終え、1勝1敗のタイとなっている。28日(日本時間29日)からはシカゴのリグレー・フィールドに舞台を移し、3試合が行われる。第1戦ではインディアンス先発クルーバーが3回までに8奪三振を奪うなど6回4安打無失点と快投し、6-0で勝利。一方、カブスは第2戦で先発アリエッタが6回途中を1失点と好投し、若き強打者のシュワーバーが2打点の活躍。守護神チャップマンはワールドシリーズ史上最速の104.1マイル(約167.6キロ)をマークして試合を締め、5-1で快勝した。

 クルーバーやチャップマンの投球は球史に残るものとなりそうだが、ワールドシリーズでは過去にも数多くの名場面が生まれている。ニューヨークの地元紙「デイリー・ニューズ」は「ワールドシリーズのベストパフォーマンスを振り返る」と題した特集記事を掲載。7つの「パフォーマンス」の中に、2009年のワールドシリーズMVPに輝いた松井秀喜氏(ヤンキース)の活躍も選出されている。

 NY地元紙の記事は「ヒーローは記憶に残るが、レジェンドは決して死なない」という“野球の神様”ベーブ・ルースにまつわる名言から始まる。「ポストシーズン、偉大な野球選手たちは遺産を残してきた。その多くは(野球殿堂のある)クーパーズタウンにこそいないが、時を経て彼らの伝説はMLBで言い伝えられている」と、現在も語り継がれる伝説的な活躍について回顧している。

人気記事ランキング