野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 1年目で地元ファンの心掴んだ元燕バーネット アンケートで86.59%がA評価

1年目で地元ファンの心掴んだ元燕バーネット アンケートで86.59%がA評価

ヤクルトからレンジャーズに移籍し、中継ぎとして地区優勝に大きく貢献したトニー・バーネット投手が、地元メディアとファンから絶大な評価を受けている。

20161030_barnette

ファンから絶大な支持、「信頼のおける中継ぎ投手へと生まれ変わった」

 ヤクルトからレンジャーズに移籍し、中継ぎとして地区優勝に大きく貢献したトニー・バーネット投手が、地元メディアとファンから絶大な評価を受けている。日本で実績を残し、32歳で念願のメジャーデビューを果たした右腕は今季、53試合に登板して7勝3敗15ホールド、防御率2.09と好成績をマーク。60回1/3を投げて49奪三振16四球と安定感を見せた。

 地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」は、レンジャーズの選手を「格付け」する特集で「トニー・バーネットはいかにして、日本からMLBへの適応を成功させたのか」のタイトルで右腕を取り上げている。

 同紙のレンジャーズ番を務めるエバン・グラント記者は、記事の中で「日本では安定感のあるクローザーだったバーネットは、シーズンを通じて信頼のおける中継ぎ投手へと生まれ変わった」と紹介。「ア・リーグでは、50試合以上に登板して、セーブ機会が5回未満の投手の中で最高の選手の一人であり、防御率(2.09)3位に位置している」と投球内容を評価している。

人気記事ランキング