野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最下位オリックスは元新人王らが引退 元阪神ドラ1は移籍2年目で戦力外に

昨年は実績のある中堅、ベテランら17人がチームを去ったオリックス。57勝83敗3分の借金26に終わった今オフも戦力外、現役引退を含め12人がユニホームを脱ぐことになった。

full-count18

小松はプロ10年目で現役生活に幕、中村は戦力外通告からコーチ就任

 昨年は実績のある中堅、ベテランら17人がチームを去ったオリックス。57勝83敗3分の借金26に終わった今オフも戦力外、現役引退を含め12人がユニホームを脱ぐことになった。

侍ジャパン、強化試合第1戦は完敗 小久保監督は拙攻を悔やむ「有利に運べなかった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今年は選手から即コーチに就任するケースが見られた。2年目の2008年に15勝3敗で新人王に輝き、第2回WBCでは日本代表として連覇を経験した小松聖が現役引退し2軍投手コーチに就任。将来のチームを背負う若手の育成に期待が掛かる。戦力外通告を受けた中村一生は1軍の外野守備走塁コーチに就任する大抜てきの起用となった。

 ここではオリックスを支えてきた主な選手を紹介する。

◯小松聖(引退)
プロ10年目。通算159試合登板。25勝26敗1セーブ、防御率4.38。

 06年のドラフト希望入団枠で加入し、08年に15勝をマークして新人王を獲得。翌2009年の第2回WBCでは日本代表に選出され、日本の連覇に貢献した。しかし、同年は1勝9敗、防御率7.09と大きく成績を落とし、翌10年はリリーフとしても登板。その後はケガなどもあり、完全に復活を遂げられなかった。オフに2軍の投手コーチに就任。

◯原拓也 
プロ10年目。通算673試合出場。打率2割2分3厘、6本塁打、76打点、2盗塁。

 西武時代の11年には2番でレギュラーに定着し、球団新記録の51犠打をマーク。12年には背番号が「43」から「5」に変更になった。12年オフに山崎浩司との交換トレードでオリックスに移籍。背番号「2」を背負い、14年には自己最多の120試合に出場。しかし、15年は92試合、今季は36試合の出場に終わっていた。トライアウト受験の意向を示している。

人気記事ランキング