野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ゴールデングラブ賞発表 G坂本がプロ10年目で念願の初受賞、菅野も初

ゴールデングラブ賞発表 G坂本がプロ10年目で念願の初受賞、菅野も初

セ・パ両リーグの守備のベストナインを選出する第45回三井ゴールデングラブ賞が8日に発表され、巨人の坂本勇人内野手がプロ10年目で念願の初受賞を果たした。今季は打率.344、出塁率.433と打撃2冠も手にしており、攻守で飛躍の年となった。

広島からは初受賞の石原、鈴木ら4選手

 セ・パ両リーグの守備のベストナインを選出する第45回三井ゴールデングラブ賞が8日に発表され、巨人の坂本勇人内野手がプロ10年目で念願の初受賞を果たした。今季は打率.344、出塁率.433と打撃2冠も手にしており、攻守で飛躍の年となった。

 また同じく巨人から菅野智之投手、村田修一内野手が選出。菅野も初選出で、村田は2年ぶり3回目の受賞となった。

 パ・リーグの捕手は大野奨太(日本ハム)が初受賞。外野では糸井嘉男(オリックス)が2年ぶり7回目、陽岱鋼(日本ハム)2年ぶり4回目の選出。ともにFA権の行使を宣言している。

 セ・リーグの二塁は菊池涼介内野手が4年連続4回目の受賞。25年ぶりリーグVの広島からはベテランの石原慶幸捕手、今季台頭した鈴木誠也外野手も初選出され、4年連続4度目の受賞となった丸佳浩外野手と合わせて4選手が選ばれた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング