野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

敵将が侍J大谷称賛「ベーブ・ルースのような選手」「投げなくてラッキー」

10日から始まる強化試合(東京ドーム)で侍ジャパンと対戦するメキシコ、オランダ両代表監督が日本に強い警戒心を示した。

20161109_kaiken3

メキシコ、オランダ両監督が侍ジャパンを警戒「強い完成されたチーム」

 10日から始まる強化試合(東京ドーム)で侍ジャパンと対戦するメキシコ、オランダ両代表監督が日本に強い警戒心を示した。

強化試合に挑む侍ジャパン 小久保監督の言葉から読み解くポイントは?(野手編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 メキシコを率いるエドガー・ゴンザレス監督は巨人、オランダを率いるヘンスリー・ミューレンス監督はロッテ、ヤクルトでプレー経験があり、日本球界とは縁が深い。

 10日、11日と対戦するゴンザレス監督は「日本チームに関しては、スカウティングレポートで学んできました。印象としては、非常に多くのパワーヒッターがいます。日本のトッププレーヤーが集っていると認識しています」と警戒。さらに「個人名を申し上げると、山田(哲人)、筒香(嘉智)が非常に良いシーズンを送った」と言及し、「日本はいつもスピードに優れ、守備が秀でていて、投手力も申し分のない、強い完成されたチームだ」と称賛した。

人気記事ランキング