野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

注目浴びながらも残留を選択――FA有資格者で宣言しなかった選手は?

フリーエージェント宣言選手が10日に日本プロ野球機構(NPB)から公示された。西武の岸孝之、栗山巧、ソフトバンクの森福允彦投手、オリックスの糸井嘉男外野手、日本ハムの陽岱鋼外野手、DeNAの山口俊投手がFA権を行使。栗山はFA権を行使しての残留が決定し、球団から発表された。

20160715_kuriyama

FA宣言の6選手は10日に公示、栗山は“宣言残留”が決定

 フリーエージェント宣言選手が10日に日本プロ野球機構(NPB)から公示された。西武の岸孝之、栗山巧、ソフトバンクの森福允彦投手、オリックスの糸井嘉男外野手、日本ハムの陽岱鋼外野手、DeNAの山口俊投手がFA権を行使。栗山はFA権を行使しての残留が決定し、球団から発表された。

 一方で、去就が注目されながら、FA権を行使せずに残留を決めた選手もいる。楽天の嶋基宏捕手は10月18日に残留を表明。球団を通じて「FA権を行使するなら今年が最後だと思っていましたので、行使しないということで、『生涯楽天』でいきたいなと今のところは考えています」とコメントを発表した。

 同じ楽天では、聖澤諒外野手、青山浩二投手、藤田一也内野手もFA権を行使せず。聖澤は「人生で一番悩み、考えた」としながらFA権行使を選択せず、青山も「一番大きな理由は楽天イーグルスが好きだからです」と理由を明かして「来年は自分が投げることでチームの力になりたいです」と豊富を語った。

人気記事ランキング