野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

5球団競合のSBドラ1田中、即戦力として期待も…開幕ローテ入りへ険しい道

ソフトバンクがドラフト1位で指名した創価大の田中正義投手(22)が19日、東京都八王子市内のホテルで入団合意会見を行った。この日の入団交渉でドラフト指名選手の最高条件となる契約金1億円、年俸1500万円プラス出来高払い5000万円で入団に合意し「すごく高い評価をしていただいた。期待されているなと感じて、うれしく思います」と語った。

20161020_tanaka

右腕を持つ12球団トップのハイレベルな争い、ローテ入りへ残る枠は「2」

 ソフトバンクがドラフト1位で指名した創価大の田中正義投手(22)が19日、東京都八王子市内のホテルで入団合意会見を行った。この日の入団交渉でドラフト指名選手の最高条件となる契約金1億円、年俸1500万円プラス出来高払い5000万円で入団に合意し「すごく高い評価をしていただいた。期待されているなと感じて、うれしく思います」と語った。

「1年目から球団が日本一になるための力になれるように、準備したい」とルーキーイヤーの目標を口にした最速156キロ右腕。5球団競合の末に交渉権を獲得した球団側は、当然のごとく、即戦力として期待しており、求められているのは、開幕ローテ入りだろう。

 ただ、その道は決して約束されたものではなく、楽な道のりでもない。ソフトバンクは今季、日本ハムに最大11.5ゲーム差の逆転を許し、3年連続の日本一を逃したが、それでも、12球団で屈指の戦力層を誇る。特に、先発投手の顔ぶれは凄まじい。

 選手たちがケガなく開幕を迎えられるとすれば、来季の開幕ローテのうち、既に4枠は当確していると言っていい。

 今季、15勝を挙げて最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した和田毅、2年連続2桁勝利をあげた武田翔太と、今季初めてローテ入りを果たして12勝をマークした千賀滉大の侍ジャパン2人、そして、外国人最多連勝記録を持つオランダ人右腕のリック・バンデンハークだ。この4人は実績から考えても、間違いなく来季もローテの軸となるだろう。

人気記事ランキング