野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ハム日本一へ計り知れない貢献度 増井が刻んだ「21世紀初の記録」とは

ハム日本一へ計り知れない貢献度 増井が刻んだ「21世紀初の記録」とは

20160217_masui

16年ぶり達成となった2桁勝利2桁セーブ、計り知れない貢献度

 10月29日に北海道日本ハムが「SMBC日本シリーズ2016」で広島を破り、10年ぶりの日本一に輝いた。投打で圧倒的な存在感を示した大谷翔平、自身初の打率3割をマークし、日本シリーズ第5戦で史上2人目となるサヨナラ満塁弾を放った西川遥輝をはじめとする若手選手の躍動が優勝の原動力となったことは間違いない。

 しかし、ここでは、シーズン途中に先発に配置転換となり、自身初の2桁勝利で日本一に大きく貢献した7年目の右腕・増井浩俊に焦点を当てて今季の貢献度を振り返ってみたい。

 増井は2009年のドラフトで5位指名を受けて日本ハムに入団。入団当初は先発として起用され、中継ぎも経験したが2014年からは抑えに定着し、昨季は抜群の安定感で39セーブを記録。野球日本代表「侍ジャパン」の「世界野球WBSCプレミア12」メンバーにも選出され、日本球界を代表する守護神としての地位を確立した。

 しかし、今季の前半は勝負所を任されながらも踏ん張りきれず、10セーブを挙げた後に守護神の座をマーティン投手に譲り、先発へと配置転換となる。すると、2010年以来となる久しぶりの起用の影響を全く感じさせず、8月18日のオリックス戦から自身初の完封を含む怒とうの7連勝。終わってみればチームの日本一に大きく貢献する10勝10セーブという記録を達成した。これは両リーグ合わせて16年ぶりの快挙である。


まさに大仕事! 日本ハム・増井 相手に隙を与えずプロ初完封【動画:パ・リーグTV】

人気記事ランキング