野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 驚異の“V字回復”見せた今季のイチロー 米サイト絶賛「これ以上望めない」

驚異の“V字回復”見せた今季のイチロー 米サイト絶賛「これ以上望めない」

今季はメジャー通算3000安打達成を筆頭に、日米通算700盗塁、日米通算4300安打など数々の金字塔を打ち立てたマーリンズのイチロー外野手。米スポーツ専門サイト「SBネーション」では、現役25年目を過ごしたベテラン外野手の今季を振り返る記事を掲載している。

20160826_ichiro

「来季も力強い戦力かつ若手指南役に」と期待

 今季はメジャー通算3000安打達成を筆頭に、日米通算700盗塁、日米通算4300安打など数々の金字塔を打ち立てたマーリンズのイチロー外野手。“第4の外野手”という難しい役割ながら打率.291をマークするなど、チームの勝利に貢献した。米スポーツ専門サイト「SBネーション」では、現役25年目を過ごしたベテラン外野手の今季を振り返る記事を掲載。「2016年は控え野手として十分な貢献をした。マーリンズはこれ以上望むことはできなかっただろう」と称賛している。

 マーリンズ移籍1年目だった2015年は、控え外野手という役割に慣れるまでに時間が掛かり、キャリア最低の打率.229を記録してしまった。記事によれば、選手の勝利に対する貢献度を示すスタッツWAR(ファングラフス試算による)は-0.7で、さすがのイチローも斜陽を迎えたかに見えた。

 だが、2016年は見事な“V字回復”を見せ、代打の切り札として活躍。開幕時に残り65本に迫っていたメジャー通算3000安打の偉業を達成すると、9月にやや調子を落としたものの、最終的には打率.291を記録。記事によれば「四球率はキャリアで2番目に高い8.9パーセントで、WAR(1.4)は2ポイント以上もアップ。ア・リーグMVPマイク・トラウトよりも大きな改善率だった!」と、今年10月に43歳を迎えたベテランの“復活”を称えた。

 今季のハイライトには、もちろん「8月7日に敵地デンバーで打った三塁打」を選出。史上30人目、40歳以上での達成は史上3人目となる通算3000安打に、「もしマーリンズが2017年の契約オプションを行使していなかったら、あの瞬間は間違いなく球団史上屈指の名場面になった」としている。

 メジャー17年目、現役26年目を迎える来季について、記事では「今季と同じような役割で、勝利に貢献する成績を残すのは、さらに難しなるかもしれない」と“加齢”の現実を指摘しながら、「彼の才能があれば十分可能であり、何よりもシーズンを通じてクラブハウスで重要な役割を果たしてくれるはず」と大きく期待。「何が起きても、マーリンズ・ファンは未来の殿堂選手がマイアミで歴史を作り、楽しみながらプレーしていることに感謝すべきだ」と綴っている。

 現役メジャー最年長野手として、果たしてどんな活躍を見せてくれるのか。来季もイチローから目が離せなそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング