野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神のプロテクト28人を予想 糸井獲得でオリに移籍する人的補償は誰に?

オリックスからFA宣言した糸井嘉男外野手の加入により大注目を浴びる金本阪神。だが、その裏では人的補償で逆にオリックスに移籍する選手もいる。

20161110_itoi

オリックスは人的補償を要求へ、28人から外れた“掘り出し物”を見つけられるか

 オリックスからFA宣言した糸井嘉男外野手の加入により大注目を浴びる金本阪神。だが、その裏では人的補償で逆にオリックスに移籍する選手もいる。

侍ジャパンで頭角現す武田翔太、一流選手が集うチームで感じることとは(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 糸井のオリックス時代の年俸は2億8000万円でBクラスに該当。オリックスは金銭(年俸の60%)か人的補償(+年俸の40%)を選択できるが、現段階では人的補償を要求する方針だ。新人選手、外国人選手を除く支配下選手28人をプロテクトした選手名簿から外れた選手で“掘り出し物”を見つけられるのかが焦点になる。今季の活躍、将来性、球団の生え抜きなどを総合し、プロテクト28人を予想してみた。

【投手】(13人)
▽先発
藤浪、能見、岩貞、青柳、望月、秋山、横山
▽救援
藤川、安藤、岩崎、高橋、島本、松田

【捕手】(3人)
原口、坂本、梅野

【内野手】(7人)
鳥谷、西岡、大和、北條、陽川、今成、植田

【外野手】(5人)
福留、高山、横田、中谷、板山

 まずは先発投手で7人を選んだ。藤浪、能見、岩貞ら今季のローテ投手は確実にプロテクトされるだろう。秋季キャンプで金本監督からの評価が高かった青柳、秋山、横山、そして指揮官に将来のエース候補と言わしめた望月を選出した。

人気記事ランキング