野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB1年目で圧巻の活躍、元阪神・呉昇桓はチャップマン&ジャンセン以上!?

MLB1年目で圧巻の活躍、元阪神・呉昇桓はチャップマン&ジャンセン以上!?

昨年まで阪神に所属していたカージナルスの呉昇桓投手は今季、メジャー1年目のシーズンで圧巻の活躍を見せた。中継ぎとして開幕を迎えたが、ローゼンタールの不調により、シーズン途中からクローザーに昇格。プレーオフ進出は逃したものの、ワールドシリーズ制覇11度を誇る名門球団を支えた。

20160911_oh

米メディアが絶賛、FA市場の目玉となっている2人の守護神を上回る数値をマーク

 昨年まで阪神に所属していたカージナルスの呉昇桓投手は今季、メジャー1年目のシーズンで圧巻の活躍を見せた。中継ぎとして開幕を迎えたが、ローゼンタールの不調により、シーズン途中からクローザーに昇格。プレーオフ進出は逃したものの、ワールドシリーズ制覇11度を誇る名門球団を支えた。

 米メディアは、2年目も呉昇桓がクローザーを務めるべきだと伝えている。米スポーツメディア「Scout.com」のカージナルス専門サイト「TheCardinalNation.com」の責任者、ブライアン・ウォルトン氏は自身のツイッターで「カージナルスの呉昇桓はチャップマンとジャンセンよりもWARの数値が上だった。エリート・クローザーと契約する前に、自前の守護神で事が足りる」と絶賛。FA市場の目玉となっているアロルディス・チャップマン(カブスからFA)、ケンリー・ジャンセン(ドジャースからFA)よりも、呉昇桓が上だと訴えた。

 阪神を退団して海を渡った右腕は今季、76試合に登板して6勝3敗19セーブ14ホールド、防御率1.92。さらに、79回2/3を投げて103奪三振18四球、WHIP(1イニングあたりの四死球+被安打)0.916と、まさに獅子奮迅の活躍を見せた。

 打撃、守備、走塁、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表すセイバーメトリクスの指標で、そのポジションの代替可能選手と比較し、どれだけ勝利数を上積みしたかを表すWAR(Wins Above Replacement)は、ESPNの算出では2.8をマーク。ウォルトン氏の指摘通り、チャップマンとジャンセンの2.5を上回っている。メジャー屈指の救援投手よりも、ハイレベルなパフォーマンスを見せたことになる。

人気記事ランキング