野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 上原浩治「35歳以上FA選手」10傑に選出 40代で唯一、MLB公式サイトが特集

上原浩治「35歳以上FA選手」10傑に選出 40代で唯一、MLB公式サイトが特集

今オフ、レッドソックスからフリーエージェント(FA)となった上原浩治投手が「35歳以上のFA」注目10選手に40代で唯一選出されている。MLB公式サイトが特集している。

20160721_uehara

メジャーでいまだ高評価の上原、ベテランFA注目10選手に選出

 今オフ、レッドソックスからフリーエージェント(FA)となった上原浩治投手が「35歳以上のFA」注目10選手に40代で唯一選出されている。MLB公式サイトが特集している。

 今年4月に41歳を迎えた右腕は前半戦で調子を落とす時期もあったが、右胸筋の負傷から復帰した9月は11試合無失点と安定した投球を披露。プレーオフでも2試合に登板していずれも1回無失点に抑えた。オールスター前は36試合18失点、防御率4.81、一方、オールスター後は14試合無失点、防御率0.00としり上がりに安定感が増していった。シーズン通算では50試合登板で2勝3敗7セーブ18ホールド、防御率3.45だった。

 そんな上原について、MLB公式サイトでは35歳以上の注目FA選手10傑に選出。寸評で「右腕は対決した3分の1以上の打者を三振で抑えている。三振と四球の割合(昨季40イニング以上の投手の中で)は奪三振率とともにメジャー12位にランクしている。彼は9月上旬に故障者リストから復帰すると11イニング無失点で今年を締めくくった」とレポートしている。

 上原は今季クレイグ・キンブレル投手の加入でクローザーからセットアッパーとなったが、キンブレルが離脱した際はクローザーも任された。データが示す制球力の高さに加え、後半戦の安定感も高評価につながっている。

人気記事ランキング