野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 25年ぶりVに貢献した選手も…広島ルーキー7選手の1年目を振り返る

25年ぶりVに貢献した選手も…広島ルーキー7選手の1年目を振り返る

25年ぶりにセ・リーグの頂点に立った広島。今季はドラフト1位の岡田明丈投手を筆頭にルーキーが期待に応え、チームの優勝に貢献した。

20160402_okada

岡田はローテで好投、4勝の数字以上の貢献度

 25年ぶりにセ・リーグの頂点に立った広島。今季はドラフト1位の岡田明丈投手を筆頭にルーキーが期待に応え、チームの優勝に貢献した。

 岡田はローテ-ション投手として力を発揮。4勝の数字以上に貢献度は高かった。オスカルや西川も、それぞれ1軍で経験を積み、来季の飛躍が期待される。

 一方で、開幕前に高く評価された横山は2勝にとどまった。連覇を狙う上で、若手の底上げは必要不可欠。7人の新人の1年目を振り返ってみた。

◯岡田明丈投手

 大商大からドラフト1位で入団。即戦力のふれこみ通り開幕1軍入りし、即ローテーションを任された。初登板の4月1日・巨人戦で7回途中3失点(自責2)と好投。初勝利は時間の問題だと思われたが、その後は好投しても味方の援護に恵まれない試合が続き、ようやく初勝利を手にしたのは6月25日の阪神戦。1年目は18試合に登板、4勝3敗、防御率3.02。クオリティースタート(6回以上投げて自責3以下)率は66.7%と上々の成績を残した。2年目の来季は2ケタ勝利の期待がかかる。

◯横山弘樹投手

 NTT東日本からドラフト2位で入団。初登板の3月30日・中日戦で8回途中3失点と好投。球団史上11人目の初登板初勝利を上げる鮮烈なデビューを飾った。2試合目の阪神戦でも7回1失点と連続で好投したが、4月22日の阪神戦以降、3試合連続で結果を残せず。5月7日に登録抹消してから1軍のチャンスは巡ってこなかった。6試合で2勝2敗、防御率5.47。ウエスタンでは14試合で3勝6敗、防御率5.77。豊富な球種を投げるが、ローテ定着には強力な武器となる球種を磨きたいところだ。

人気記事ランキング