野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • MVPの日ハム大谷、来季は“総なめ”が目標「取れるタイトルは全部取りたい」

MVPの日ハム大谷、来季は“総なめ”が目標「取れるタイトルは全部取りたい」

2016年度のプロ野球年間表彰式「NPB AWARDS 2016」が28日、都内のホテルで行われ、日本ハムの大谷翔平投手がパ・リーグ最優秀選手(MVP)を初受賞した。

20160511_ohtani

投手5冠へ奪三振王は「取ってないので…」、沢村賞も「取ってみたい」

 2016年度のプロ野球年間表彰式「NPB AWARDS 2016」が28日、都内のホテルで行われ、日本ハムの大谷翔平投手がパ・リーグ最優秀選手(MVP)を初受賞した。

 今季は投手では21試合登板、10勝4敗、勝率.714、防御率1.86、174奪三振を記録。打撃では104試合出場で、打率.322、104安打、22本塁打、67打点、7盗塁の成績を残した。投球回、打席ともに規定には届かなかったものの、投打で際立った活躍を見せ、MVP投票でも1268点で、2位のレアード(298点)に970点差を付ける大勝だった。

 高卒4年目でリーグMVP。今季は記録による個人タイトルの獲得はなかったが、パ・リーグのベストナインでは投手部門(2年連続)、指名打者部門(初)でダブル受賞した。

 昨季は最多勝(15勝)、最高勝率(勝率.750)、最優秀防御率(防御率2.24)で投手タイトル3冠に輝いた。この日の表彰式後の取材後には、投手タイトル“総なめ”を目標に掲げた。

「取れるタイトルなら全部取りたいですね。少なくとも投手タイトルでは3つは取りましたし。奪三振(のタイトル)は取ってないので、取ってないタイトルは取りたいなと思います。(沢村賞は)高い数字を出せば取れる賞。取ってみたい気持ちはあります」

人気記事ランキング