野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 3割25発 巨人・村田復活の陰にあった現実を受け入れる覚悟

3割25発 巨人・村田復活の陰にあった現実を受け入れる覚悟

巨人・村田修一内野手が今季、打率.302と3年ぶりに打率を3割に乗せ、復活した。本塁打打者ではあるが、昨年の打率を反省し「2割3分(昨季.236)の自分を(首脳陣が)使いたいと思えるのか」と率を上げる打撃を目指し、スタイルを変えて挑んだ1年。決断は間違いではなかったようだ。

巨人

3年ぶり打率3割&25本塁打、間違っていなかった村田の決断

 巨人・村田修一内野手が今季、打率.302と3年ぶりに打率を3割に乗せ、復活した。本塁打打者ではあるが、昨年の打率を反省し「2割3分(昨季.236)の自分を(首脳陣が)使いたいと思えるのか」と率を上げる打撃を目指し、スタイルを変えて挑んだ1年。決断は間違いではなかったようだ。

 開幕前は2年目の岡本和真との争いになると目されていた。だが、プライドをむき出しにして臨んだ35歳は結果にこだわり、寄せ付けなかった。

 打撃は大振りせず、コンパクトに。確率を上げることで復活への道を探った結果、随所にタイムリーも飛び出し、首脳陣の信頼をつかんでいった。

 1球1球を確実にとらえる意識は打率だけでなく、本塁打数増へとつながっていった。もともと本塁打王を獲得できるほどのパンチ力のある選手。昨季は自己ワーストタイの12本塁打だったが、自然と25本にまで増えた。3割前後をキープする確実性が増すと、軽くとらえてもスタンドにボールを飛ばせるようになっていた。

人気記事ランキング