野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 田中将大が不敗の間に培ってきた貴重な財産

田中将大が不敗の間に培ってきた貴重な財産

また、新たに連勝街道を進むことになるのか。ヤンキースの田中将大投手(25)が再スタートを切った。5月20日のリグレー・フィールドでのカブス戦に敗れ、楽天時代の2012年8月19日の西武戦以来の敗戦投手となった。たった1度の黒星を日米メディアともに大々的に報じた。それほど田中が与えていた影響は大きかった。

20140528_tanaka_getty

沈んだ気分を流してくれるのは白星だけ

 また、新たに連勝街道を進むことになるのか。ヤンキースの田中将大投手(25)が再スタートを切った。5月20日のリグレー・フィールドでのカブス戦に敗れ、楽天時代の2012年8月19日の西武戦以来の敗戦投手となった。たった1度の黒星を日米メディアともに大々的に報じた。それほど田中が与えていた影響は大きかった。

 5月25日。同じシカゴを本拠地に持つホワイトソックスとの一戦で、田中は先発のマウンドに上がった。マー君にとってみれば、負けも2年ぶりではあるが、負けた状態のまま、次回登板に向けた調整をすることもその時以来のことだった。

 先発投手が「勝つと負けるとでは全然違う」とよく言うのは、この調整期間のメンタルに影響が出てくるからである。敗戦投手になると、試合後の帰り道から気分が沈むもの。それを流してくれるのは白星だけなのである。

 田中も「負けた次の登板までの期間は、悔しさはもちろんあるし、もやもやしたモノも、もちろんあります」と、しばらく持っていなかった感情が中4日の登板の間にあったことを明かしている。

 人によって、そのもやもやは違う。マウンドに上がるのが怖い投手や、敗因をずっと引きずってしまう投手もいる。責任感の強い田中の場合は「チームに負けをつけてしまったこと」が心にひっかかていたという。これまで、とにかく勝つことだけを追い求めてきた。連勝記録が途絶えた時には「楽しみにしてくれていたファンの方には申し訳ありません」と応援してくれている人への気配りも見せていた。

人気記事ランキング