野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

春日部共栄が選抜優勝校・龍谷大平安を倒せたワケ

史上8校目の春夏甲子園連覇に挑んだ京都・龍谷大平安高校。夢を打ち砕いたのは9年ぶり5回目の出場となった埼玉・春日部共栄高校だった。今大会も優勝候補のひとつに挙げられていた龍谷大平安は、春日部共栄の「速攻」にやられ、追いつくことができなかった。

阪神甲子園

左投手対策を継続的に続けてきた春日部共栄

 史上8校目の春夏甲子園連覇に挑んだ京都・龍谷大平安高校。夢を打ち砕いたのは9年ぶり5回目の出場となった埼玉・春日部共栄高校だった。

 4人の強力な投手陣をそろえ、強打で選抜大会を勝ち上がった龍谷大平安。今大会も優勝候補のひとつに挙げられていたが、春日部共栄の「速攻」にやられ、追いつくことができなかった。

 開幕戦の緊張やプレッシャーを味方にできたのが春日部共栄。できなかったのが龍谷大平安といったところだ。

 1回表、春日部共栄の1番バッターの清水頌太が「来た球はどんどん積極的に振っていこう」とヒットで出塁。そこから怒涛の攻撃。相手先発の2年生左腕、元氏玲二のコントロールミスを逃さなかった。死球をはさみ、5安打。1回から一挙に5点が入った。

 結果的にその5点が勝負を決めた。相手の継投に対して2回以降、無失点に抑えられたが、ボールを見極めて先発の左腕投手を攻略できたのは大きかった。

 春日部共栄打線は左投手を苦にせずに得点した。左ピッチャーに打ち勝つための練習を、ずっと継続的にやってきたために好結果が生まれた。

 埼玉には昨春の選抜で優勝した浦和学院の小島、夏の県準優勝・市川越の上條といったプロのスカウトが熱視線を送る左投手たちがいた。学校関係者は「彼らを倒さなければ、甲子園出場はない」とし、夏の大会に向けてずっと左ピッチャー対策を続けていたという。

人気記事ランキング