野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 岩隈久志
  • 岩隈久志が見せる職人技 “隠れたメジャー記録”にあと「1」に迫る

岩隈久志が見せる職人技 “隠れたメジャー記録”にあと「1」に迫る

マリナーズのプレーオフ進出に向けて力投を続ける岩隈久志投手が、隠れたメジャー記録を樹立しようとしていることが明らかになった。野球専門の米データサイト「ファングラフ」が、岩隈の投球時の相手チームの盗塁成功率が今季0%であることを紹介している。

マリナーズ

岩隈が投球時の相手の盗塁成功率0%は「恐るべき数字」

 マリナーズのプレーオフ進出に向けて力投を続ける岩隈久志投手が、隠れたメジャー記録を樹立しようとしていることが明らかになった。野球専門の米データサイト「ファングラフ」が、岩隈の投球時の相手チームの盗塁成功率が今季0%であることを紹介している。

 8月19日現在のデータで、メジャーで盗塁阻止回数が今季最も多い投手は、ジャイアンツの左腕マディソン・バンガーナーの9回。15回の盗塁の機会で成功は6回に抑えている。2位は3人並んでおり、レイズの左腕ドリュー・スマイリーが22回中8回阻止。タイガースの右腕マックス・シャーザーは19回中8回阻止している。そして、岩隈はなんと8回中成功はゼロ。今季1度も盗塁を許していない。

 特集では「8回中成功0というのは、誰であろうと恐るべき数字だ。イワクマが右投手であることを鑑みてもそうだし、彼は衝撃的な牽制球を持っているわけではない。それは想像を超えることだ」と岩隈の隠れた記録を称えている。

 右投げの投手は一塁ランナーに背を向けてピッチングをするため、警戒は難しく、走者はピッチャーの隙を突き、モーションを盗むことがより容易となる。野球界のセオリーを無視するような岩隈の盗塁阻止は、実は現時点でメジャー記録まであと一歩のところまできている。

 過去、シーズンを終えて相手の盗塁成功率が0%だった投手の中で、阻止した回数が最も多かったのは1968年にインディアンスでルイス・ティアントが記録した9回。往年の野茂英雄投手のように一度打者に背を向ける独特の投球フォームだったティアントは、牽制球の名人だったという。岩隈は1953年のディック・リトルフィールドと並び、ティアント氏の持つメジャー記録に、あと1回というところまで迫っている。

人気記事ランキング