【米国はこう見ている】知られざるイチローのスペイン語能力 日本の安打製造機がラテン系の選手から尊敬を集める理由を米高級紙が特集
2014.08.31
ヤンキースのイチロー外野手は、高い英語力を誇ることで有名だ。米メディアの取材には通訳を介して答えるものの、チームメートとは何も不自由することなく話すことができる。実際に、打撃練習中にデレク・ジーターらと談笑する姿は、球場に行けば毎日見ることができる。ただ、スペイン語も堪能だということを知っている人は、いったいどれだけいるだろうか。
20140831_ichiro

photo by Getty Images

スペイン語で話しかけて相手選手を驚かせたイチロー

 ヤンキースのイチロー外野手は、高い英語力を誇ることで有名だ。米メディアの取材には通訳を介して答えるものの、チームメートとは何も不自由することなく話すことができる。実際に、打撃練習中にデレク・ジーターらと談笑する姿は、球場に行けば毎日見ることができる。

 ただ、スペイン語も堪能だということを知っている人は、いったいどれだけいるだろうか。メジャーにはラテン系の選手が多く、クラブハウスではスペイン語が飛び交う。そして、イチローはそんな選手たちとも親密な関係を作り上げている。米高級紙のウォール・ストリート・ジャーナルはこのほど、日本が生んだ安打製造機のスペイン語能力を取り上げた特集記事を掲載した。

「イチローのスペイン語は放送不可能 日本人スターのスペイン語による饒舌なトラッシュトークは内野手の間で有名になっている」

 こんなタイトルが付けられた記事は、実に興味深い内容となっている。

 初めに紹介されているのは、レッズのラモン・サンティアゴ内野手が明かしたエピソードだ。2003年、当時タイガースに所属していたサンティアゴにとっては衝撃的な出会があったという。初回にヒットを放ったイチローは、すかさず二盗に成功。軽快なスライディングから立ち上がると、無表情なまま「No corro casi」と話しかけてきたというのだ。

「ほとんど走ってないよ」

 流暢なスペイン語でこんな意味の言葉をかけると、サンティアゴが笑い終わる前にイチローは三盗に成功したという。「彼がいつも通訳を介して英語の会話をしていたことは知っていたから、まさかそんなにうまいスペイン語を話せるとは思ってもみなかったよ」。サンティアゴは当時のことをそう振り返っている。

「日米で偉大な記録を打ち立ててきたイチローには、選手や観客から国際的な人気を誇っている。ただ、気の利いたスペイン語を口にすることで、メジャーのラテン系コミュニティから特別な尊敬を集めることとなった」

 記事では、メジャーでのイチローの立場について、こう表現している。確かに、イチローがラテン系の選手と談笑したり、ふざけ合ったりしている場面はよく見られる。それは、クラブハウスや試合前の打撃練習だけにとどまらない。出塁したイチローにラテン系の選手が寄っていき、コミュニケーションを取ることもしばしばある。



1 2 3
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月