野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 快投続く上原浩治の“恐怖のスプリット” 「腕の角度が速球にしか見えない」

快投続く上原浩治の“恐怖のスプリット” 「腕の角度が速球にしか見えない」

7試合ぶりのヒット以外は圧巻の投球を見せた上原について、地元メディアは直球、スプリットのコンビネーションを絶賛している。

レッドソックス・上原浩治【写真:田口有史】

切れ味抜群の直球にも再び賛辞、140キロでの空振りに「なぜあのボールが打てない?」

 レッドソックスの上原浩治投手が11日(日本時間12日)、本拠地ヤンキース戦の9回に登板し、1回1安打無失点2奪三振の好投で22セーブ目を挙げた。田澤純一投手も1回2/3を3安打1失点1奪三振と好投し、試合は5-3で快勝。7試合ぶりのヒット以外は圧巻の投球を見せた上原について、地元メディアは直球、スプリットのコンビネーションを絶賛している。

元野球日本代表・岩村明憲氏が考える世界で活躍する条件 「日本人にしかできないことがある」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 注目のライバル対決は「FOXスポーツ」で全国中継された。上原が登場し、先頭のテシェイラへの初球にスプリットを投じると、解説のスポーツライター、トム・ベルドゥッチ氏は「ウエハラはスプリットでスタートしました。(今年のこれまでの)上原のピッチングは60パーセントがスプリットです」と説明した。

 さらに、上原がスプリットを連投すると「スプリット、スプリット、スプリットです」と連呼。もう1人の解説者で、マリナーズなどで活躍した元メジャーリーガーのハロルド・レイノルズ氏がこう補足した。

「毎回スプリットを投げるのですから、それを狙えばいいのですが、腕の角度がファストボール(速球)にしか見せません。そして、直球のようにハードに投げ込むので、それを称えなければいけません」

 同じ腕の振りから2つの球種を投げ込んでくる守護神の投球を称えた。

人気記事ランキング