野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

快投続く上原浩治の“恐怖のスプリット” 「腕の角度が速球にしか見えない」

「感銘的なスプリットのバラエティ」

 上原はヤングに7試合ぶりのヒットとなる二塁打を浴びたが、ヘッドリーは87、88マイル(約140、142キロ)の直球などで追い込み、最後はスプリットで空振り三振。

「感銘的なスプリットのバラエティです。テシェイラのボールは高めから外に急速に沈み込みました。今のボールは内側に急降下しました」

 ベルドゥッチ氏は、上原の決め球の威力に再び脱帽している。

 上原は最後にマッキャンをスプリット2連投で中飛に仕留めて、試合を締めた。22セーブ目を挙げ、防御率は2.45まで向上。レッドソックスでは69セーブ目となり、スパーキー・ライルと並ぶ球団史上7位タイに浮上した。

 絶対守護神は地元メディアから、ワールドシリーズ制覇に貢献した2013年の姿を取り戻したと称えられている。地区最下位とはいえ、首位ヤンキースとは5・5ゲーム差。逆襲へ向け、上原が他球団から脅威の存在となっている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」