驚異本塁打率で1000安打&300号ダブル王手 西武中村はなぜ本塁打量産できる?
2015.07.22
14年目のシーズンを迎えた今季、西武の中村剛也が開幕から好調を維持している。ここ数シーズン怪我に悩まされることも多かった31歳は、21日時点で27本塁打・86打点をマーク、両部門ともランキングトップをひた走っている。
20150722_nakamura

通算1000安打&300本塁打に王手、6度目の本塁打王も射程

 14年目のシーズンを迎えた今季、西武の中村剛也が開幕から好調を維持している。ここ数シーズン怪我に悩まされることも多かった31歳は、21日時点で27本塁打・86打点をマーク、両部門ともランキングトップをひた走っている。

侍ジャパンを代表するスラッガーへ 中田翔が日の丸への思い激白(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 中村はすでに5回の本塁打王に輝いている。これは落合博満、中西太、青田昇と並ぶ3位タイの記録で、6回目を記録すれば単独3位(※)となる。自他共に認めるホームランアーチストは、今季も変わらぬ打棒でアーチを量産している。(※1位は15回の王貞治、2位は9回の野村克也)

 なぜ中村は、ここまで安定して本塁打を打ち続けることができるのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏は今季の中村についてこう語る。

「抜群にいいですよね。特に今季は得点圏打率も高いですし、それで打点も伸びています。追い込まれたカウントでは軽打も目立ちますし、そこだけは今までの中村とちょっと違うかなと感じています。ただ、もととなる部分はまったく変わっていませんが。

 中村のいいところは、まず大前提としてナチュラルにパワーを持っています。そこに、意外なほどの柔軟性があって、バットコントロールが柔らかいので、ミート力が高い。自分のスイングの軌道以外は弱い選手も多くいますが、中村はそうではありません。

 パワーと柔軟性という裏付けがある上に、ボールのどこをどのタイミングで打てば理想的な打球が飛ぶのか、そして良いスピンがかかって飛距離が出るのか、ということをよく知っています。自分のポイントで打つ、その場所と感覚、非常に抽象的ですが“コツ”を知っている選手ですね」



1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月