野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 西武・菊池雄星、7年目の本格覚醒へ 「今年は今までで一番良い」

西武・菊池雄星、7年目の本格覚醒へ 「今年は今までで一番良い」

早くも2016シーズンへ向けたキャンプインを迎えた西武。34年ぶりとなる2年連続Bクラスの雪辱を果たすために、田辺徳雄監督が『鍵』に挙げるのは、昨季に続き菊池雄星だ。

20150427_yusei

34年ぶり2年連続Bクラスの雪辱期す西武、今年も『鍵』は7年目左腕

 早くも2016シーズンへ向けたキャンプインを迎えた西武。34年ぶりとなる2年連続Bクラスの雪辱を果たすために、田辺徳雄監督が『鍵』に挙げるのは、昨季に続き菊池雄星だ。

 昨年のこの時期も、「優勝できるかは雄星次第。エースの岸が表のカード頭、雄星は裏の頭になってくれれば」と、大きな期待を寄せていた。しかし、ケガもあり、キャンプでの調整が遅れ、開幕に間に合わず。鍵どころか、ローテーション投手として計算できるまでに1か月の遅れをとってしまった。

 それでも、復帰後は頭角を現し、勝ち星を積んでいった。7月、チームの13連敗の中で自身3連敗を喫したが、最終的には自己最多タイの9勝をマーク。先発陣の中でクオリティスタート率(先発投手が6回を自責点3以内に抑えること、71.4%)、防御率(2.84)ともトップの成績を収めた。「ある一定の手応えのようなものを、本人が一番感じていると思う。昨シーズンで土台が出来上がったことは、雄星にとっては非常に大きい」と、土肥義弘投手コーチも確実な成長を認める。

人気記事ランキング