【米国はこう見ている】MLB復帰目指す元阪神マートンを米メディア特集 「やり残したことがある」
2016.03.13
昨年まで阪神に6年間、在籍したカブスのマット・マートン外野手について、ESPNが特集記事を組んだ。「マット・マートンは日本からメジャーへの回帰というレアな旅を完結させることを望んでいる」とのタイトルで、マイナー契約でメジャーキャンプに招待選手として参加している好打者について取り上げている。
20160222_murton_atp

日本の「エリート外国人」が「メジャーへの回帰というレアな旅を完結」へ

 昨年まで阪神に6年間、在籍したカブスのマット・マートン外野手について、ESPNが特集記事を組んだ。「マット・マートンは日本からメジャーへの回帰というレアな旅を完結させることを望んでいる」とのタイトルで、マイナー契約でメジャーキャンプに招待選手として参加している好打者について取り上げている。

 マートンは2009年以来となるメジャーの舞台を目指し、2005年にメジャーデビューを飾ったカブスに8年ぶりに復帰した。記事では「マット・マートンは6年にも及ぶ日本での成功から、MLBへの帰還というゴールを果たすべくカブスの春季キャンプに参加している」と紹介。ただ、キャンプ序盤に虫垂炎の手術を受けたため、現在は遅れをとっているという現状についてレポートしている。

 記事によると、マートンは当初、日本でプレーするのは1年程になると考えていたという。しかし、「結果としてそれは6年間続き、『エリート外国人』となった」と指摘している。

 マートンは06年にはカブスで144試合に出場し、打率2割9分7厘、13本塁打、62打点をマークした好打者。実力者であることは確かだが、MLBで輝かしい実績を持っていても、日本では成功できない打者もいる。特集では、なぜマートンが1年目の2010年に日本記録(当時)のシーズン214安打をマークするなど大きな成功を収められたのかについて、以下のように分析している。



1 2 3
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月