「チームが勝つために」― 日ハム栗山監督が大谷二刀流の成功願う
2016.03.21
日本ハムの栗山英樹監督が20日、大谷翔平投手の二刀流での成功を強く願った。
20160209_kuriyama

今季は大谷“二刀流起用”の完成形に? ハム栗山監督「こちらも求めている」

 日本ハムの栗山英樹監督が20日、大谷翔平投手の二刀流での成功を強く願った。

 大谷は20日のヤクルト戦(札幌ドーム)で「6番・DH」でスタメン出場。2回先頭で新人・原樹理から左越えのオープン戦1号ソロを放った。

 野手での出場7試合、23打席で飛び出した待望の一発。昨季は打率2割2厘、5本塁打、17打点と不振のまま終わっただけに、栗山監督は14年に2桁本塁打(10本塁打)をマークした打撃の復活を求めた。

 栗山監督「翔平の二刀流はチームが勝つためにやっている。結果を出せなければ、二刀流をやらせる意味はない」

 厳しい言葉を発しても、常に選手思いの栗山監督。昨季は登板2日前から投手調整、登板翌日は完全休養と徹底した起用法だったが、すでに登板2日前まで野手で起用する可能性を明かすなど今季は二刀流の起用法に幅を持たせる考えだ。



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月