野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ戦力外からメジャー昇格寸前へ 左腕激白「一発勝負」にかけた思い

昨オフにロッテを戦力外となり、今季はダイヤモンドバックス傘下3Aで13試合無失点と結果を残した中後悠平投手が、Full-Countの独占インタビューに答えた。

20161020_nakaushiro

「正直、米国はイヤだった」中後悠平が「とんでもない大どんでん返し」寸前に

 昨オフにロッテを戦力外となり、今季はダイヤモンドバックス傘下3Aで13試合無失点と結果を残した中後悠平投手が、Full-Countの独占インタビューに答えた。

中後悠平独占インタビュー「日本時代は制球難で「自滅」 ロッテ戦力外左腕はなぜ米国で課題克服できた?」

 プロ入りから4年でロッテを退団した変則左腕は、12球団合同トライアウトを受けるも、3打者に対して2四球1死球と結果を残せず、NPB球団からは声がかからなかった。一時はBCリーグ武蔵ヒートベアーズに入団が決まったが、テレビ番組で中後の投球を見たメジャースカウトの目に留まり、複数球団が興味を示す中、ダイヤモンドバックスとマイナー契約。自らの力で這い上がった。

 ルーキーリーグから3Aまで昇格し、13試合に登板して10回2/3を7安打無失点13奪三振3死球。防御率0.00でシーズンを終えた。関係者によると、ダイヤモンドバックスは結果を残した中後のメジャー昇格を球団内で真剣に検討したという。結局は、チームが69勝93敗と低迷したため、勝負をかけるシーズンではないと判断。メジャー40人枠に入っている若手選手を自由契約にしてまで、今季中に中後を昇格させる必要はないと考え、最終的には見送られた。ただ、メジャーでも戦力になると評価されていたことは確かだ。

 オフに入り、日本で自主トレを続ける中後。ダイヤモンドバックスは来季も契約する方針だが、メジャー昇格まであと1歩に迫った本人はどのように考えているのか。日本復帰の可能性はあるのか。27歳の胸中に迫った。

――まずはダイヤモンドバックス入りの経緯を改めて聞かせてください。ロッテを戦力外になってから、あのような道が開けたということについては驚きましたか?

「『まさか自分が』というのと、正直、アメリカには全然興味がなかったんです。埼玉の武蔵ヒートベアーズに行って、1年間だけやると決めていました。でも、12月の戦力外のテレビ特番で見てくれている人がいて、声がかかりました。話をもらった時には、正直、アメリカはイヤだったんですけど……。メジャーといっても、日本人の凄い選手が活躍しているチームのニュースを見るくらいでした。自分から情報を取りにいったりは全然していなかった。だから、話をもらった時にはすぐに返事をしなかったんです」

――迷ったんですね。

「迷ったというか、ほぼ行かないと(考えていた)。一番最初のDバックスの話は、マイナーキャンプの招待選手として3月から来ないかというものでした。失礼な話ですけど『そんな話だったら行きません』と返事したんです。そこまで余裕はないし、家族もいるし、マイナーの招待選手で行って、ダメで帰ってくるとなったら、せっかく武蔵に行くと決めたのに、それを蹴って、帰ってきたらまた職がなくなってしまう。そうなったら僕、何もないので。そうなりたくないので、『それなら行きません』と。『最低でもマイナー契約してくれるなら考えます』と話をしました。その時のDバックスには『それは無理』と言われました。『初めから何もない選手がいきなりマイナー契約というのは、なかなかないから』と。ましてやクビになっている選手だったので。

 そこからフィリーズとレンジャーズが見に来てくれて、レンジャーズはすぐにマイナー契約したいと。そこからDバックスが、多分、球団の上の方の人が映像を見てくれたと思うんですけど、『ぜひともマイナー契約したい』と。その時には、『育てる方針じゃなくて戦力として取りたいから』と言ってくれたんです。『もちろん、最初は(マイナーの)下の方からかもしれないけど、頑張れば上がれるし、年齢も年齢だからそんなに長いことはできないかもしれないから、一発勝負で頑張ってほしい』ということでした。『それだけDバックスは左ピッチャーが不足しているから、やってほしい』と言われて。そこでDバックスのことを初めて調べたんです」

人気記事ランキング