野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 剛腕チャップマン、“WS史上最速”の体感速度169キロ計測「フェアじゃない」

剛腕チャップマン、“WS史上最速”の体感速度169キロ計測「フェアじゃない」

カブスの守護神アロルディス・チャップマン投手が26日(日本時間27日)に“ワールドシリーズ史上最速”を記録したとMLB公式サイトが伝えている。

20161027_chapman

WS初登板で剛球を披露、快投でカブスを勝利に導く

 カブスの守護神アロルディス・チャップマン投手が26日(日本時間27日)に“ワールドシリーズ史上最速”を記録したとMLB公式サイトが伝えている。

 チャップマンはインディアンスとのワールドシリーズ第2戦で4点リードの8回2死一塁で登板。先頭のラミレスを空振り三振に仕留めると、9回は2死からガイヤーを四球で歩かせたが、続くペレスは遊ゴロで試合終了。1回1/3を無安打無失点2奪三振1四球の快投で、4-1での勝利に貢献した。

 記事では「チャップマンがマウンドに上がる度、彼は球速に関する何かしらの記録を打ち立てている印象だ」と指摘。「ワールドシリーズ第2戦もまさにその通りとなり、チャップマンがホセ・ラミレスに投じた初球の101.5マイル(約163.4キロ)の速球は、ワールドシリーズで計測された最速の一球となった。これはPitch-f/xが導入された2008年以降で最速だ。ロイヤルズのケルビン・ヘレ―ラが2014年のワールドシリーズ第2戦で投じた101.4マイル(約163.3キロ)を上回った」と伝えている。Pitch-f/xとは、投球速度や投球軌道を追跡するスピード測定器システムだ。

 ただ、当然、チャップマンにとって、この球速は序の口。初のワールドシリーズで、投球はさらに凄みを増していった。「チャップマンはここで止まらない。(9回に)ココ・クリスプを(ニゴロに)打ちとった一球は104.1マイル(約167.6キロ)であった。チャップマンはポストシーズンを含むこれまでのキャリアで104マイルに28回達している」。記事では、剛球左腕の驚異的な投球について、こう紹介している。

 そして、チャップマンが投じるボールは、打者にとっては更に早く感じているという衝撃的な事実も伝えている。「彼にはこれよりももっと速く見せる術がある」というのだ。どういうことか。

人気記事ランキング