野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 広島が逆襲へ無くすべき「無駄な四球」 今後も脅威となるメンドーサの存在

広島が逆襲へ無くすべき「無駄な四球」 今後も脅威となるメンドーサの存在

27日の日本シリーズ第5戦(札幌ドーム)は日本ハムが広島に5-1でサヨナラ勝ちし、10年ぶりの日本一へ王手をかけた。同点の9回に西川が劇的なサヨナラ満塁本塁打。敵地で2連敗を喫したが、札幌ドームの大歓声を力に変えて本拠地で3連勝を飾った。

20161027_mendoza

札幌3連戦は四球から失点、「日本ハムのつなぎと粘り」は称えられるべきも…

 27日の日本シリーズ第5戦(札幌ドーム)は日本ハムが広島に5-1でサヨナラ勝ちし、10年ぶりの日本一へ王手をかけた。同点の9回に西川が劇的なサヨナラ満塁本塁打。敵地で2連敗を喫したが、札幌ドームの大歓声を力に変えて本拠地で3連勝を飾った。

 一方の広島は1点リードの7回、2番手・今村が先頭の田中賢を歩かせ、1死一、三塁から岡の犠飛で同点とされた。8回は2試合連続で救援に失敗していた広島のジャクソンが3者凡退の快投。しかし、9回は守護神・中崎が1死から田中賢に四球を与え、中島卓の三塁内野安打などで満塁とされると、最後は西川にサヨナラ弾を浴びた。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は「打った西川、つないだ中島卓はすごいですが、やはり第5戦の広島の失点も四球からでした」と指摘。広島投手陣の終盤の“ミス”が、敗戦につながったという。

「決して当たっている打者ではないですが、どちらも田中賢介を歩かせてしまった。終盤の四球というのは厄介なんです。数年前の少し古い話ですが、メジャーリーグでは7回以降の先頭打者の四球が79%の確率で得点につながっていたというデータが出ています。この試合の9回については1アウトからでしたが、大きな四球でした。日本ハムのつなぎや粘りを当然、褒めないといけませんが、広島としてはこの3連敗はいずれも無駄な四球から得点につながってしまっている。フォアボールというのはやはり怖い」

人気記事ランキング