野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】打線爆発の日本2連勝! チャイニーズ・タイペイに15-3で7回コールド勝利

【U-23W杯】打線爆発の日本2連勝! チャイニーズ・タイペイに15-3で7回コールド勝利

メキシコ・モンテレイで開催中の「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は29日(日本時間30日)、大会2日目を迎えた。日本はオープニングラウンド最大のライバルと見られるチャイニーズ・タイペイと対戦。2回に打者一巡の猛攻で8点を挙げ、15-3で7回コールド勝利を収めた。

20161030_anraku

武田が大会初の満塁弾! 4番・真砂は4安打4打点と大活躍!

 メキシコ・モンテレイで開催中の「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は29日(日本時間30日)、大会2日目を迎えた。日本はオープニングラウンド最大のライバルと見られるチャイニーズ・タイペイと対戦。2回に打者一巡の猛攻で8点を挙げ、15-3で7回コールド勝利を収めた。

山崎武司氏が分析、強化試合で確認すべきこと「“小久保色”をどう出すか」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 元阪神の郭李建夫監督が率いるチャイニーズ・タイペイは、2014年に開催された前身大会「第1回21U野球ワールドカップ」で優勝した“ディフェンディング王者”。グループBで最も注目のカードということもあり、モンテレイから車で約1時間離れた山間の町・サルティージョで行われたデーゲームにも関わらず、スタンドには数多くの在メキシコ日本人ファンが詰めかけた。

 斎藤監督も「ビックリしました」というほど大きな声援に後押しされ、日本打線が爆発した。初回の1点先制で流れをたぐり寄せると、2回にビッグイニングを生んだ。1死一、二塁から廣岡(ヤクルト)が四球を選んで満塁の好機を作ると、続く武田(オリックス)が1ボールからの2球目を強振。ライトへ向かった打球はグングンと伸び、そのまま大会初の満塁ホームランとなってスタンドに飛び込んだ。この満塁弾を含む4連打で6点を追加。なおも2四球で2死満塁とすると、2試合連続で先発マスクをかぶる柿沼(ロッテ)が左翼へ2点適時打を放ち、この回、打者13人一挙8点の猛攻を見せた。

 日本は、3回にも真砂と山下(DeNA)の適時打などで3点、4回には乙坂(DeNA)の適時打で1点を追加。6回には再び乙坂と真砂の3、4番コンビが1打点ずつを挙げ、6回まで15点を奪うことに成功した。

人気記事ランキング