野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 世界に広がる日本人指導者の輪…オーストリア代表を率いる監督の夢

世界に広がる日本人指導者の輪…オーストリア代表を率いる監督の夢

現在、メキシコ・モンテレイで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」には、WBSC世界ランク1位の日本を筆頭に、世界各地から12チームが参加している。野球と言えば、どうしても北中米やアジアを中心とした環太平洋地域が中心になってしまうが、それ以外の地域でも少しずつではあるが競技人口は増えている。

20161104_sakanashi

U-23代表を率いる坂梨監督、オーストリアに渡って13年

 現在、メキシコ・モンテレイで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」には、WBSC世界ランク1位の日本を筆頭に、世界各地から12チームが参加している。野球と言えば、どうしても北中米やアジアを中心とした環太平洋地域が中心になってしまうが、それ以外の地域でも少しずつではあるが競技人口は増えている。今回ヨーロッパからはチェコとオーストリア、そしてアフリカからは南アフリカが参加。強豪チームとの力の差は歴然としているが、それでも国際大会に出場できる貴重なチャンスを生かそうと、試合終了の声が掛かるまでは懸命のプレーを続けている。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本と同じグループBに所属していたオーストリア。日本とは4日目に戦い、0-16で5回コールド完封負けを喫した。世界ランク33位のオーストリアを率いるのは、日本人の坂梨広幸監督。大学で野球をしていた13年前に、山口で行われた世界少年野球大会にスタッフとして参加した際、そこで知り合ったオーストリア人に請われてオーストリアへ渡ったという異色の経歴の持ち主。2009年から首都ウィーンにあるアマチュアリーグのヴィエナ・ワンダラーズで選手兼監督を務め、2010年からは代表チームの運営に関わるようになったという。

「まだまだ選手のレベルは高くないです。それでも13年前に比べればレベルは大分上がりました。今回U-23の代表メンバーになっている選手は、ほとんどがU-18から代表入りしている選手で、国内リーグでは1部に所属するチームでプレーしています。中には、アメリカの大学に野球をするために進学する選手もいます」

 オーストリアの野球・ソフトボール人口は、老若男女合わせて約5000人ほどいるという。国内のアマチュアリーグは3部まであり、1部に所属するのは6チーム。ヨーロッパと言えば、サッカーが主流だが、野球の認知度も徐々に上がってきたそうだ。それでもスポーツ用品店に野球の道具は打っていないために、インターネットで購入したり、練習のためのグラウンド確保に苦戦したり、まだまだ苦労は絶えない。

人気記事ランキング